Swinging Neckbreaker

という曲を作りました。KORG GadgetとFinal Touchを使用しています。いつも通りです。

ところが!曲はいつも通りではありません!

 


…そんな大げさなものでもないですが、まさかの四つ打ち!

久しぶりにジャズ色が薄めの曲になっています。音色がジャズっぽいといえばそうですが…

歌ものを想定した展開にしたつもりですが歌は入れていません。Twitterにもつぶやきましたが、

ということです。

さて、今回の新しい発見です。サイドチェイン。

insert Effectsの中に入っているSideというのがそれです。

サイドチェイン自体についてはあまり詳しくは知りませんが、ここを見て意味はなんとなく分かっていました。

http://www.g200kg.com/jp/docs/dic/sidechain.html

 

重要な部分を引用すると、

"典型的には、ベースにかけるコンプレッサーをキックでトリガーする、という風に使う。この例ではキックが鳴る瞬間だけ音量が絞られ、単調に鳴っているベースにキックの音に同期したビートを与えるような効果となる。"

と書いてあります。

 

だから多分、まずキックだけのトラックを作っておいてベースのトラックのサイドチェインでキックのトラックを指定すればいいのだと思っています。いましたが、今回たまたま(というか初期設定がそうだったから)ドラムのトラックのサイドチェインで同じドラムのトラックを指定するという状態にしてみると意外といい感じでした。

まさに、棚から牡丹餅

以上です。