祇園精舎

という曲を作りました。思いつきと勢いだけで。

いつものようにKORG Gadgetと今回はVIOも使いましたが、VIOのデータの取り込みにはAbu Dhabiを使いました。多分そういう使い方をしたのは初めてでした。

まずは聴いて下さい。

たまにこういうのを作りたくなるんですよね。こういうめちゃくちゃなやつを。

今回の曲の反応は今のところ最近の曲と比べると悪いです。まあこんなめちゃくちゃなので当然と言えば当然。でもこの時点で一人だけコメントを残してくれています。"Great atmosphere"だと。有難うございます。あとでもれなく"Thank you!"をお返しします。

さて、この曲は平家物語の冒頭である「祇園精舎の鐘の声~」から始まる部分を題材にしています。最初は竹取物語にしようかと思っていましたが別になんでも良かった部分です。長さ的に丁度いいかなということで祇園精舎になりました。

そして、それを自分の声でしゃべって録音・加工してこのような曲になりました。自分の声のかけらも残ってないし何を言っているのかよくわからない事になっていますけどね。まあ言葉の内容なんてどうでもいいと思っているのであしからず。

作業手順はこんな感じです。

  1. VIOで声の加工&録音
  2. Dropboxにデータ保存
  3. KORG GadgetのAbu DhabiにDropboxからデータを取り込む
  4. 曲に挿入&加工

まずはVIOです。

以前、チゲ子さんに曲を提供した時にも声の加工をしたのはVIOでした。無料アプリのくせになかなか使えるやつです。

画面はこんな感じで直感的操作ができるアプリです。

左下の音符マークを押すと声の変更具合のプリセットがいくつかでてきます。今回はHorror Storyという名前のプリセットを使いました。

そして、その一つ右のボタンが設定ボタンですが、その中の高度というところから録音音質を「高」に設定しました。

あとは真中下の丸い録音ボタンをおして録音開始です。喋っている途中に画面真ん中の○を移動させると多少エフェクトが変わったような感じになります。その辺を適当に触りながら録音します。

録音ボタンの右にあるボタンが録音したものを管理するボタンです。

こんな感じです。小分けに録音しているのは後でAbu Dhabiに取り込むときに都合がいいからです。

そこから録音データを一つ選択するとこの画面になります。

ご覧の通りDropboxに送るという項目がありますのでここから直接Dropboxに送ります。便利ですね。

次は、そのデータをAbu Dhabiにインポートします。

まずは、ここを一番下のAbu Dhabi initにしましょう。

他のものになっていても取り込めますが、エフェクト類が勝手にかかっている状態になります。Abu Dhabi Initだとエフェクト類が初期設定になっているのであとから変更するときにやりやすいです。

次はここ。

右上のN/Aの部分を押して更にインポート→Dropboxと進み、Dropbox内から保存したファイルを選択してください。

ここで注意事項です。インポートが出来ずアプリが強制終了してしまう症状がおきるかもしれません。今回の作業中に実際ありました。その場合Dropboxの方でファイル名を変更してやると解決出来ました。もしかしたらファイル名が長すぎるとだめなのかもしれません。

さて、インポートが完了したらこうなります。

インポートしたデータが勝手に分割されて1から16のパッドに割り振られます。この1から16までの距離というか時間はかなり短く、またそれを伸ばす設定が見当たらないので長い曲をインポートしても冒頭の一部分だけが出てくる形になります。おそらく取り込む前に短く加工しておく必要があるのだと思います。なので、今回もVIOで録音する際に細切れにして録音したわけです。

このままでも使えるならそれでいいですが、パッドに割り振られたものが言葉の途中で切れていたりして使いにくいという場合は変更できます。

MARKERというところを押せばパッドの範囲を変更できますので丁度良くなるように調整してください。

あとはエフェクトなんかで加工して良い感じになればOKです。

そんな感じでVIOからAbu Dhabiにデータを持っていきました。Dropboxに保存できるか多分オーディオコピーペーストでもいけそうなので他のアプリで作った音をAbu DhabiもしくはBilbao経由でKORG Gadgetに持っていくことができます。これを利用してボカロやボーカルが入った曲を作られている方も大勢いますね。

今回は、朗読をとりこんで使ってみました。

また気が向いたらポエトリーリーディング的なのを作ってみようかなと思います。

以上です。