Strong winds blowing through the tall buildings

という曲を作りました。曲名は「ビル風」をGoogle翻訳にかけたものですが、英語にはそういう単語がないのかわかりませんがかなり長い曲名になりました。


いつものようにKORG Gadgetで作ってFinal Touchでマスタリングしています。

まずは聴いて下さい。

この曲は最近ハマっているビートレーサーというゲームアプリの音楽のようなものを作りたいというところからスタートしました。

特にStage1の曲ですね。あのシンセの優しいハーモニーで曲が始まる感じ。イメージはソレです。

この曲はずっと同じコード進行の繰り返しでベースもドラムも基本的にほとんど変わらず、メロディだけを変えてあるという省エネスタイルです。

最初はリズムとハーモニーだけ。その後メロディが入って最後はトランペットのソロがあるという謎構成です。

最後のトランペット要らないかなと思いつつも、こういうジャズっぽい部分を入れないと自分じゃないような気がして入れてしまいました。

まずはドラム。いつものLondonではなく今回はBilbaoのATMOS Kit 3を使いました。これがなかなかいい音がするんです。こんな感じ。

ベースもいつもならMalseilleのACOUSTIC BASSとかE.BASS 2あたりを使いそうな曲調ですが、今回は珍しくDublinのHouse Bassを使いました。ちょっとだけ弄ってアタック弱めの音色にしています。(何を弄ったかは忘れました…)

ハーモニーを鳴らしているのは基本的にはHelsinkiのFillerです。最初と最後の静かな部分と途中ベースやメロディが入るところではFilterのタイプを変えています。トランペットソロのところではMontrealがハーモニー部分を担当しています。

珍しいのはそれぐらいですね。

自分の中では珍しくアコースティック系の音色をあまり使わなかったなという気がしています。まあそれでもゼロではないけど。

ちなみにこの曲は16トラック使っていますが、15トラックぐらいから動作がカクカクし始めますね。iPhone 6s PlusでもそうだしiCloud経由でiPad Airでも開いてみたけどやっぱりカクカクでした。iPad Proになるとどうなんでしょうね。

以上です。

使用アプリ