Wah Wah

という曲を作りました。


 

こちらです。

 

今回は、iPhone 6s PlusとKORG Gadgetで作りました。

iPadは全く使っていません。

 

曲はいつものような感じですね。ちょっとジャズ風の。

 

John ColtraneのImpressionsという曲をちょっと意識しています。

 

さて、iPhone 6s Plusだけで作った感想ですが、

 

「もうiPadはいらない!」

 

大げさかもしれませんが、KORG Gadgetだけで作るスタイルならiPhone 6s Plusで十分だと思いました。

個人的にはもう新しいiPadを買う理由が無くなってしまいました。

 

 

私の場合、全て画面上に打ち込んでいくスタイルです。

iPadと比べて画面が小さくなるので、それが難しくなるのではないかと心配しましたが、そこまで影響はありませんでした。

勿論、iPadのほうがやりやすいでしょうが、iPhone 6s Plusであれば難しいと感じることもほとんどありませんでした。つまみを弄る時はすこし難しいところもありましたね。

基本的には縦画面で使っています。

 

iPhone 6sだとどうでしょうね。ちょっと厳しいかなという気もしなくもないです。

まあ使っていないので分かりませんが。

 

 

今回の曲は11トラック使っていますが、処理も遅くなったりせず快適でした。

たまに、再生中の音が途切れることがありましたが、まあ問題ない範囲です。

 

 

それから新しい機能としてEQとCompressorが付きましたね。

 

一応、両方とも使ってみました。

 

まずはドラム。

Londonですね。

ご覧のようにもともとLow Boostを上げ気味で使っています。

 

さらに下のようにEQでLowを上げてみました。

FreqとかGainとかいまいち意味は分かっていませんが、Gainを上げると強調されたのは分かりました。

 

あとは、メロディのサックスは逆にLowを削ってスカスカした音色にしてみました。

 

 

それからウッドベースにはCompressorをかけました。

ウッドベースはもともと2BAND EQを弄って低音成分を削っています。さらにBPM DelayをかけているのでMarseille内のFXでCompressorやTube Driveといった音量を上げる手段をとることが出来ず音量がどうしても上がりませんでした。

そこで、新しく出来たCompressorを使って音量を上げてみたという感じです。

これも、各つまみの名称の意味をよく知らないので、適当に触ってみて「ああ、大きくなった」という感じでしかないのですが…

 

まあ、そんなこんなで今後はiPhone 6s PlusでKORG Gadgetを使うことになるでしょう。

ただ、バッテリーの減りはものすごく早いですね。

 

以上です。