iPhone 6s Plusに機種変更しました

最近、iPhone5sの画面のタッチが効かなくなりつつあったので機種変更しました。


 

選んだのは、iPhone 6s Plus 128GBです。

 

丁度いいタイミングでKORG GadgetがiPhone対応になったので、iPhone上で使うことを考えると6sよりも6s Plusのほうが画面も大きくやりやすいだろうということで6s Plusにしてみました。

あとは、6sは大きさが中途半端なので、5sの感覚で片手でも使えそうで使えない微妙なところで無理して落として壊してしまいそうです。

6s Plusになると大きすぎて5sと同じ感覚では全く使えません。両手が必須です。なので使い方や持ち運び方を変える必要がありますが、それさえしてしまえば落とす可能性は低いかなと。

 

 

さて、まだ試せていないのですが、これを機に制作環境をiPad AirからiPhone 6s Plusに移行しようと思っています。

iPhoneとiPad両方を買うのは金銭的に負担が大きいので。

 

画面の大きさはiPad Airより小さくなりますが、処理速度などは上がっているようで、iPad+KORG Gadgetでは1曲で20トラックぐらいから動作がカクカクし始めるのですが、過去に作った曲で20トラック以上あってiPad Airではカクカクしていた曲を6s Plusで開くとスムーズに操作出来ました。画面の大きさに慣れてしまえばiPad Airよりは快適に操作できそうです。

 

KORG GadgetはiPhone対応になりましたが、今までよく使っていたアプリの中でCubasisとFinal TouchはiPadのみでしか使えません。

今後、対応になることを期待していますが、とりあえずはDropBox経由でデータをやり取りすればその時だけiPadで作業をするということで対応できそうです。

 

 

ということで、これからしばらくはiPhone 6s PlusでDTMを奮闘していきたいと思います。

以上です。