Apple Music & iTunes Matchの正しい使い方?

が、よくわからないのですが。自分なりに一応解決しました。


 

意味があるのか、ないのかよくわからないままにApple MusicとiTune Matchを両方契約しています。

きっと意味があるのだとは思っています。

 

iTunes Matchが始まった時、音楽をクラウド上に保存できて素晴らしい、これなら端末内の容量を圧迫しなくて済む。

と思っていましたが、クラウド上の音楽を再生すると勝手に端末にダウンロードされる仕様だったので、結局再生したいものは端末にダウンロードしておかなければならず、私のように持っている音楽をシャッフル再生でランダムに聞きたいと言う場合、全ての曲をダウンロードしておかなければならない事なり、意味がありませんでした。

それでも、何かのトラブルがあってiPhoneを初期化しなければならない時に、PCが手元になくても初期化後にクラウドからダウンロードできるという点はメリットだと思い、契約は継続していました。

 

 

そして、Apple Musicもとりあえず契約していました。

聞き放題とか、ラジオとかAppleやキュレーターのプレイリストとか、それなりに使ってみていましたが、

既に、iPhoneの本体容量限界まで音楽が入っているので新しい音楽をダウンロードするという使い方はしていませんでした。

 

 

ところが、先日何かの時に発見したのですが、どうやらクラウド上の音楽を再生すると勝手に端末にダウンロードされる仕様はなくなった様子。たぶん。

いつからそうなのか分かりませんが、もしかしたらApple Musicが始まった時に変更されたのかもしれません。

 

 

ということは、端末にダウンロードしている音楽を削除しても聞けるのではないか?

と思い、削除してみました。

タイトルの右側にある四角にチェックがついたようなマークが、端末にダウンロードされているというしるしです。

FocusのLive At the Rainbowのところまでは削除しました。

削除するときに、マイミュージックから削除とダウンロードを削除という二つの選択肢が出ますが、枚ミュージックから削除を押すとクラウド上からも消えてしまうようなので注意してください。

ダウンロードを削除を選べば、端末からだけ削除されます。

 

 

当然、端末上にない音楽を再生するのはストリーミングになると思いますので、通信を行います。

Wi-Fi環境であればいいですが、そうでない場合、通信データ量によっては携帯電話会社の通信制限がかかる可能性があります。

 

それを回避する為に、ストリーミングはWi-Fiのみに制限します。

ストリーミングとダウンロードのモバイルデータ通信を使用というところをオフにします。

 

これで、Wi-Fi環境だとクラウド上の音楽を自由に聞けて、Wi-Fi環境以外では端末にダウンロードした音楽だけを通信なしで聞けるということになります。

 

つまり、私の場合で言うと、家の中では自由で通勤中はダウンロードしたもののみ、ということです。

 

 

本当は、通勤中など家以外でも全ての音楽をシャッフル再生したいですが、これは諦めました。

昔のCDやカセットテープのウォークマンを持っていた時代、今日持っていくCDを選ぶという作業をしていましたが、それと同じように適当にプレイリストを作って、前日もしくは当日に持っていきたいプレイリストをダウンロードするという作業をすることにしました。

 

 

そういう作業をすることで、本体の容量を圧迫することなく聞ける音楽を増やすことができるので、やっとApple Musicの音楽を自分のリストの中に追加することが出来るようになりました。

 

端末から削除するとDRM付きのデータになってしまうとかいう話もありますが、まあ気にしていないです。

自分の中では容量問題が解決する方が大きいです。

 

というお話でした。

以上です。