iPadでボーカルのピッチ調整をする

ピッチ調整をする。いや、したい。


 

ということで、ボーカルのピッチを調整する必要が出てきたので、

iPad上でどういう方法があるかなと考えたり調べたり試してみたりしてみました。

まだ途中ですけどね。


まずは、先日も書いたiVoxel。

これはボコーダーアプリですが、声質の変化と同時に音程もキーボードで弾けばその通りになります。

なので、音程は完璧なのですが声質が変わりすぎるのが難点。

いろいろ設定を変えてみたけど、なかなか「あまり声質が変わらずピッチだけ調整出来る」と言う状態にはならない。

もしかしたら、設定でそういう状態を作り出せるのかもしれないけど、ボコーダー初心者の私には今のところ無理そうです。

いい設定方法があれば教えて下さい。



次に、いろいろ調べてみてたどりついたのがVocaLive。

アプリの説明にもピッチ補正がどうのこうのとかいてあるのでいけるかなと。

とりあえず買って試してみました。

上の写真のようにPITCH FIXというものがあるので、これを使ってピッチ補正が出来るようです。

おそらく、キーとスケールとかかり具合を設定する方法で行われるのだと思います。

ここで、問題が。

あの曲のキーなんだったっけ?

自分が作った曲のキーとかスケールとかいちいち気にしていないのでよくわからない。

で、これかなと思うものを設定してみたけど、いまいちうまくいかない。

かといってそれを考えるのもめんどくさいし。

ということで、これも難しいかなと。

多分ピッチの離れ具合によっては難しいのではないかと思います。

人が歌うとある音は高くなり、ある音は低くなり、またその度合いもまちまちなので…

うまくいくこともあるかもしれませんが。

あ、でもこのアプリの他の機能は面白そうでした。勝手にハモってくれるとか。

 

 


で、個別に一音一音ピッチ調整したいと考えた結果思いついたのがKORG Gadget。

これはまだ途中段階なので結果はまた報告します。

サンプラーガジェットであるAbu Dhabiを使います。

初めてまともにサンプラーを触りました。

もっといい方法があるような気もしますが、

まずはボーカルデータを一音一音切って別のデータに作り替えます。

これはCubasisでやりました。

そのCubasisで編集したボーカルデータをAbu Dhabiにインポートします。

ちなみにこの写真は「めー」と歌っているデータです。

そして、PITCHというオレンジ色のボタンがありますが、それを押してピッチ調整をします。

この時に、隣のトラックで同じ音をシンセかピアノかで同時に流せるようにしておきます。

そして、ボーカルの音程と隣のピアノの音程を耳で聞きながら調整していくという流れです。

チューニングですね。

そして、一音一音調整し終わったらAbu Dhabi上ででも元通りになるように並び替えていくか、

1つずつエクスポートしてCubasis上で並べていくと、元通りのボーカルになるはず。


ということでいまチューニング中です。

今のところ不安なのは、切れ目の所がちょっと不自然になったりするかもしれないなということと、ピッチをかえるとスピードも変わるのであまりにもピッチが変わる場合は、そこだけ早く終わったり間延びしたりということになりそうです。



そんなこんなで、iPadでボーカルのピッチ調整に挑んでいます。

以上です。