カノン進行

カノン進行と呼ばれる有名なコード進行があります。



カノン進行とはヨハン・パッヘルベルという作曲家が作ったカノンという曲で使われたコード進行のことで、作られたのは1680年あたりらしいです。

それが非常に完成度の高いコード進行で、いまだによくつかわれているのだとか。

よく聞くJ-POPのこの曲もあの曲もカノン進行で出来ているかもしれません。


さて、そんなカノン進行ですが、ひねくれ者の私はそういう王道とかいうのは嫌いなので極力さけてきました。



カノン進行を意識して使ったのはこの曲だけです。

最初のところはカノン進行をちょっといじった感じになっています。

 

 

 

で、久しぶりにカノン進行の曲でも作ってみようかなと思い、参考になるかなとYouTubeでパッヘルベルのカノンを探して聞いていました。

 

そこで見つけたのがこれです。

上原ひろみさんです。

説明不要の圧倒的なアレンジと演奏ですね。

もともと上原さんは好きなのですがこの動画は見たことがなかったです。


本当にすごいとしか言いようがないです。

それと同時にやっぱり自分はジャズっぽい音楽が好きなんだなと改めて思いました。

以上です。