音色って大事ですね

ここ最近は音楽を作る方はちょっとストップして聞く方に専念していました。



で、これです。

 

マイルスのソロと多分ゲイリー・バーツだと思われるサックスのソロを比べると圧倒的にマイルスのほうが音数が少ないですよね。

バリバリ吹くのもかっこいいと思いますが、このマイルスのかっこよさは別格です。

 

これを可能にしているのはやはりマイルスのトランペットの音色じゃないかと思います。

説得力のある音色であれば一音吹けば十分伝わるということがひしひしと感じられます。

 

しかも、ミュートあり/なしやワウペダルを効果的に使ったりと微妙に音色を変えてくるあたりさすがですね。

 

動画で見るとそれに加えてオーラというかそこにいるだけで存在感が強く、それもプラスに働いていると思います。

とにかく全てがかっこいいということです。

 

DTMでこれに近づけるのはなかなか難しそうですが、出来る限り音色に気をつかっていきたいなと思いました。

 

以上です。