KORG Gadgetリミックスコンテスト その2

4曲の課題曲にそれぞれ1曲、合計で4曲エントリーできるのでたちまち4曲作ってみました。



「たちまち」っていうのは広島弁です。「とりあえず」という意味です。

標準語だと「たちまちのうちに」という感じでつかって「あっという間に」という意味になりますが、広島弁だと「とりあえず」の意味で使われます。


まあ、2日で4曲リミックスしたので「あっという間に」でもあながち間違いではないかもしれません。


ということでリミックスした曲をまとめました。

左が課題曲の原曲で右が私がリミックスしたバージョンです。

聞き比べたら面白いかもしれません。


「Our Cities」


原曲はメロディもベースもリズムもとにかくかっこいいですね。

それを自分の得意分野であるジャズっぽい感じにしてみました。特にドラムがそうですね。

あとは、ほかの課題曲のフレーズをこの曲に全て取り入れて1曲で4曲楽しめるみたいな感じにしてみました。


「Shape Down」


原曲はとにかくメロディが印象的なので、それを生かしてさらにシンプルにアコースティックな感じにアレンジにしました。冒頭はピアノの単音だけというアレンジで、なかなかここまでやる人はいないだろうと自画自賛しているところです。その分エフェクト的なテクニックは全く使っていないので(他の曲もほとんど使ってないけど)コンテストにおけるポイントは低そうな気がします。


「Gadget World Tour」


原曲のシンセのフレーズを利用してPOPな感じにしてみました。というつもりでしたがジャズっぽい感じがどうも抜けません。本当はもっとロックな感じにしたかったのですがディストーションがかかったようなロックギターの音色がいまいち再現できなかったので、音色的に満足なミュートギターを使ったところ、ジャズっぽい感じになってしまいました。


「The Body & Soul」


原曲ははっきりしたメロディがなく、とにかくリズムを強調した曲だったので、ベースとかシンセとかをなくしてドラムとパーカッションだけのアレンジでリズム強調に特化するか、逆にドラムを使わずリズムをなくすか、というところからスタートして最終的にはリズムなしのパターンにしました。エフェクト的な部分ではディレイとかリバースとかをかけまくってやりました。



こんな感じです。

ちょうど仕事が2連休だったのでその間に作りました。


8/31まで期間はありますが、こういうのはスピード勝負で後出しになればなるほど誰かとアイデアがかぶったりする可能性が高くなります。

なのでとりあえず全曲リミックスして提出しました。


共通のコンセプトは「誰もやりそうにない感じ」です。

このアプリは公式の説明にも「強力なダンスミュージックを制作できる」と書いてあって、ダンスミュージックに便利なのだと思いますしユーザーもそういった曲を作る方が多いので、なるべくそういうのじゃない曲に仕上げたという感じです。

エフェクト類をうまく使ってかっこいい効果を得るというようなことは私には出来ないので、同じ土俵で勝負せずにアレンジで勝負しようと思った次第です。

まあ、去年の第一回も同じように考えて挑んだ結果惨敗しましたが。


まだ期間はあるのでいいアイデアが思いついたら差し替えるかもしれません。


さて、結果はどうなるでしょうか。

以上です。