楽曲販売開始しました!

TUNECOREさんのサービスを利用して、楽曲の販売を開始しました。



今のところ、iTunesとAmazonからダウンロード購入することができます。

iTunes

Amazon


あとはLINE MUSICとspotifyでも聞くことができます。

寄付だと思って買ってください(笑)


なぜ販売することにしたのか

理由は大きく3点です。

・自己満足
・簡単にリリースできる
・リスクが少ない

自己満足

はっきり言って売れるとは思っていません。
でも、iTunesで検索したら出てくるってかっこいいじゃないですか。それだけです。

それだけの理由のために色々準備をしたり、お金をかけたりしなければいけないとなると、さすがに躊躇してしまいますがその辺りはそんなに労力がかからないことがわかりました。

簡単にリリースできる

今回はTUNECOREさんのサービスを利用しましたがそういったiTunesなどの登録を代行してくれる業者がいくつかあります。
そういったところを利用すれば、レコード会社などに所属をしていない個人でも簡単に曲を販売することができます。

昔はきっとレコード会社にデモを送って…みたいな感じだったのかなと思いますが、今は誰にも認められていなくても販売するところまでは簡単に行けます。

レコード会社に所属すればプロモーションなどのバックアップを受けることができるのだと思いますが、個人では当然そのようなものはありません。なので、販売開始してからの売れ行きはきっとかなり違う結果になるのかなと思います。

ただ、先にも書きましたが、自己満足なので別にいいかなと(笑)

リスクが少ない

今回、販売に踏み切った一番の理由はこれかもしれません。
リスクが少ない。リスクとは金銭的なものを指しています。

TUNECOREさんのサービスを利用する場合、シングル販売で年間1,410円(税抜き)です。
もし全く売れなくてもたったそれだけの赤字で済みます。
しかも、もしたくさん売れる場合でもデータだけを販売するのでそれ以上の原価はかかりません。

もし仮に、CDを自主制作したりするとどうなるでしょう?
作ったことはないのでわかりませんが、作った枚数分の原価がかかりますよね。
かといって、ビビって少ない枚数しか作らなかったらどうやってもそれ以上の枚数は売れないし…
作って売れ残ったら悲惨なことになります…

継続していくかは未定

まず、売れるとは思っていませんし、今の所は特に大々的に宣伝したりという活動も考えていません。

今はまだ1曲だけなので費用も安いですが、さすがに曲数を増やしていくとそれなりの金額がかかりますし、そうなると販売することを本当に考えなくてはいけなくなります。
まあ、そこまでやるのはちょっと時間もないし、たいぎい(広島弁です。めんどくさいみたいな意味)ので今は考えていません。

よほどの自信作ができたときはまた追加してみようかなとは思いますが、とりあえずはストアに自分の名前が出てくるという自己満足にしばらく浸っておこうと思います。

以上です。