音楽鑑賞

毎月恒例のHURT RECORDさんへの楽曲提出も無事に終わりました。


今月のテーマは「レディ」でした。はっきり言ってめちゃくちゃ難しかったです。
レディとか言われても出てくるのは、バル・ビーナスのセリフ「Hello Ladies!」だけでした。

でも、WWEネタは先月使ったので今回は別のものにしようと苦しんだ結果…

結果は配信されてからのお楽しみ。いや、だれも楽しみにしてないか。

さて、そんなこんなで提出できたので、曲作りはひと段落。

今日は睡眠時間を割いて音楽鑑賞をします。
普段は通勤の時しか聞けないですからね。

ちなみに好きな再生方法はシャッフル再生です。
どんな曲でも来たものを全て受け入れるという姿勢のあらわれです。

それではシャッフル再生スタート!
曲名、アーティスト名の順で、iPhoneに登録してあるままを記載します。

1.Rated X :Miles Davis
いきなりこれが来たか。これはかなり好きな曲。このドロドロ感が最高です。今日は運がいいかも。

2.Jää,Hyvä Mieli :Alamaailman Vasarat
曲名は何て読むんでしょうね。バンド名はあらまーいるまんばさらっと。2台のチェロの使い方に衝撃を受けたバンドです。

3.Standing Water :The Subdudes
これは確かAmazonさんにオススメされて買ってみたけど全然知らない人で、未だに調べてもいないので本当にわかりません。カントリー?みたいな感じ?

4.Hope Spring Eternal :John Scofield
ジョンスコがMM&Wと一緒にやったアルバムの曲ですね。ビリー・マーティンのドラムが好きです。

5.A Laugh For Rory :Rahsaan Roland Kirk
可愛らしいイントロやメロディだけど、とにかく黒いですよね。これ。

6.Uluwati :John Zorn
出た。コブラ。確か、架空のゲーム音楽みたいな感じだったっけ?違ったかな?

7.Shift on the Fly :Steve Coleman & Five Elements
ややこしい系が続くなぁ。でもややこしいのは嫌いじゃない。むしろ好き。

8.Philadelphia Freedom :The Philadelphia Experiment
ユリ・ケインとクリスチャン・マクブライドとクエストラブのトリオだったような気がする。
この曲にはクエストラブは出てないけど。ユリ・ケインのピアノ好き。

9.トッカータとフーガニ短調 BWV.565(J.S.バッハ) :アマデウス・ウェーバージンケ
この曲好き。この人の弾き方好き。

10.Uninvisible :Medeski,Martin & Wood
このバンドのキモはビリー・マーティンですよね。ですよね?

11.Janie's Got A Gun :Aerosmith
スティーブン・タイラーの声が本当に好きで、学生時代にクラリネットでスティーブン・タイラーの声のような音を出そうと試行錯誤していました。

12.序曲「ローマの謝肉祭」(ベルリオーズ) :チェコ・ナショナル交響楽団&ポール・フリーマン指揮
吹奏楽部時代に聞いたことがあってそれから好きですね。演奏してみたかった。

13.SNIBOR :Don Byron
ドン・バイロン様の暴れっぷりがたまらん。可愛さと凶暴さを併せ持つクラリネット。


さて、明日も仕事だし寝ようかな。
以上です。