iPadの容量について

よく考えて買わないと後々後悔します。


iPadでの音楽製作に興味があって、これからiPadを購入しようという方にアドバイスです。
種類に関してはiPad Airでもminiでもどちらでもいいのですが、容量はできる限り大きいものを選びましょう。
できれば、128GBを購入される事をお勧めします。
間違っても16GBのものは買わないように!

なぜか?

答えは簡単です。
容量が足りないからです。

私はあまり深く考えずに16GBのiPad Airを買ってしまいました。
その結果…

音楽も写真もほぼ0件、アプリもたったの16個しか入れていないのに、残り2.3GBしかありません。
音楽制作アプリもメインのものだけを常時インストールして、それ以外は使いたい時に都度インストールするというとても面倒な方法をとっています。

また、製作した楽曲もSoundCloudなどにアップロードした後は、少しでも容量を確保するために削除してしまいます。
そのため、後から修正したいと思ってもできません。


アプリ自体もどんどん進化していきます。
それに伴い、アプリ一つあたりのデータ量も大きくなっています。
KORG Gadgetの現在の容量は2.1GBです。(制作中のデータ含まれると思います。)

という事で、これから購入する方には容量の大きなものを購入される事をお勧めします。
大は小を兼ねる。

以上です。